あなぐら本棚/玉虫色のおすすめ本たちよ

おすすめの珠玉本たち

普段、私が出かけたり、ブログを書くネタの参考にしている書籍や、見ていてワクワクする書籍、読んで面白かった物などを紹介してます。

ちょっと変わった場所や珍スポット/B級スポット好きな人におすすめの本

VOWシリーズ

雑誌「宝島」に掲載されていた、世の中のちょっと変わった看板や道路標識の誤字、変な名前の会社やお店などを紹介していた企画をまとめた単行本。

その歴史は古く1970代から始まり、いまだ現役の人気企画。

2013年からインターネットで「街のヘンなモノVOW」のサイトもオープンしている。

20年以上前、中学生の頃にBOOKOFFにて大量購入した事は未だ記憶に新しい。

ちょっとした細かいネタが多く見ていて飽きない。

思春期時代のバイブル。

 

これぞ「大東京」のマル珍スポット

学生の頃にVOWの影響から購買した雑誌。
東京の変った場所を紹介している。
今はもうなくなってしまってる場所などが紹介されており昔の東京がしれて面白い。

 

ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行シリーズ

日本全国の珍スポットを紹介している。

珍スポット好きのバイブルであり教科書。

いまだ現役のスポット多数のっているが、今はもう閉館してしまったり取り壊されてなくなってしまった物も観れる貴重な本。

 

ワンダーJAPANシリーズ

言わずもがな超有名な雑誌。

珍スポット、巨大建造物、大仏、珍建築、B級グルメ、工場、ダム、珍寺、地下空間、水門、廃墟、戦争遺跡などニッチな情報の先駆け。

男のシュールでマニアックな部分の気持ちをくすぐる雑誌。

 

中国遊園地大図鑑シリーズ

パチモノ大国中国の遊園地を多数紹介している本。
パチモノキャラの遊園地から圧倒的スケールの超巨大関羽像・世界最大映画撮影所・航空母艦に、本物の上海ディズニーランドやハローキティパークまで。
中国へ行きたくなる事間違いなし。
著者は日本や中国のB級スポットや珍スポットを紹介する旅行ブログ『軟体レポート』の管理人。

 

東京ディープな宿

都内の無常に変わりゆく町の中で変わらない昔ながらの味わい深い宿がある。

東京にあるディープな宿15個を紹介している。

東京でも旅気分が味わえる宿に泊まりに行きたくなる事間違いなし。

 

日本ボロ宿紀行シリーズ

日本全国にあるボロ宿といわれる、燻された味のある宿を紹介。

綺麗な宿では感じられない独特の雰囲気。

ジーンズと一緒で宿もボロくなった価値がある。

そんなビンテージ宿に行きたくなる事間違いなし。

 

東京洞窟厳選100――穴があったら入りたい! 「地底の別世界」

東京厳選100となっているが、神奈川など都内近郊の場所が多数掲載されている。

それは本格的な洞窟では無く、狐の巣穴から人工のトンネルまで作者の洞窟を感じられる場所を紹介している。

本格的な洞窟は大変で行けないが、都内周辺でサクッと洞窟を感じたい時に必見の1冊。

奇界紀行

クレイジージャーニーで有名の佐藤 健寿の旅の記録。

写真だけじゃ伝わってことない現地での臨場感がわかり面白い。

普段旅に行く時間は無いし、ましてや危険な場所や怪しい場所には行けないが、行った気分になりたい人におすすめ。

アジア「罰当たり」旅行 改訂版

こちらもクレイジージャーニーで有名な丸山ゴンザレスさんの本。

以下佐藤 健寿の本紹介と同文です。

知られざる北朝鮮 THE REAL NORTH KOREA

世界一のB級カルト国家北朝鮮。

その内情を知りたいと思う欲求は男ならだれもが持つもの。

そんな北朝鮮のリアルが伝わってくる1冊。

 

赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて

遊郭など昔あったが今は無くなってしまったジャパニーズカルチャーを追う。

確かに昔、そこにあった花街の跡を感じ浪漫に浸りに行きたくなる1作。

 

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

アングラ系街歩きの人気サイト「東京DEEP案内」の管理人が9年かけて見てきた町で、首都圏の「住みたくない街」「住んだら最悪そうな街」を紹介している。

しかしそこは住みたくは無いが、行ってみたくなる魅力的な街。

 

珍寺大道場

人気ウェブサイト「珍寺大道場」道主であり『ワンダーJAPAN』などでもコラム連載している小嶋独観氏の著書。

タイトルの通り日本全国/東アジア各地の「珍寺」を回ったもの。

読んだから必ず寺に行きたくなる。

 

昭和喫茶のモーニング&ランチ 東京編

男の憩いの瞬間、喫茶店のモーニング。

東京で、朝仕事前に寛ぎたいあなたへ、おすすめの1冊。

怪しい物が好きな人へ

新版いんちきおもちゃ大図鑑

中国・香港・台湾・韓国のおもちゃが多数掲載されている。

偽物、パチモノ、バッタモノ??

見た事あるけど何処か違う怪しいキャラクター達のおもちゃ。

もはやオリジナル。

オリジナル越え。

怪しいけど愛着のあるキャラクターばかり。

そこに昭和の日本を感じる自分がいた。

愛しのインチキ・ガチャガチャ大全シリーズ

伝説のガチャメーカーコスモス。

その商品は、オマージュという名の著作権無視の数々。

伝説のロッチのシールに始まり、パクリにコピー、雑なつくりのガチャガチャ製品の数々を紹介している。

今見ると愛らしい懐かしい商品の数々。

 

日本懐かし自販機大全

今はあまり見かけなくなった変った自動販売機を多数紹介している本。

80年代オマケシール大百科

ビックリマン、ガムラツイスト、ラーメンばあ、ドキドキ学園、秘伝忍法帳、ハリマ王の伝説、ネクロスの要塞、あっぱれ大将軍など80年代我々を熱狂させたオマケシールを大紹介。

懐かしくあの頃の記憶のシナプスが蘇る。

マイナーシールを集めてたあいつ元気かな…

 

ニセモノ図鑑: 贋作と模倣からみた日本の文化史

人魚のミイラなど変わった偽物を紹介している。

 

タレント本/暴露本

貴明と憲武

とんねるずの元マネージャーが書いた暴露本。

タイトルは貴明と憲武となっているが、ほぼ憲武の女性遍歴が書かれている。

嘘か本当か分からないが、とんねるずファンは必見。

さらば桑田真澄、さらばプロ野球

元スポーツメーカー社員が暴露した桑田真澄の真実。

今の紳士的な姿とはかけ離れた、女性遍歴に裏金など野球賭博の真実などなど

これが本当なら、桑田は本物のデビル桑田だ。

桑田ロードならぬ桑田デビルロード!必見です。

父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)

金正男の本当の姿に迫る。

金正男と著者が交わしたメール150通と実際にあって話したインタビュー7時間の内容が掲載。

とても博学で紳士的な内容に金正男のイメージがガラッと変わらされた1冊。

 

YOSHIKI/佳樹

TOSHIとの友情、HIDEの死。X JAPAN誕生から解散、再結成までの軌跡と、自らの生い立ち、そして父の死–

何歳になってもスーパースター。

日本が生んだ天才YOSHIKIがノンフィクションライター小松成美に語った自伝。

昔からファンの人も最近になって知った人も必見の1冊。

 

洗脳 地獄の12年からの生還

YOSHIKI/佳樹と合わせて読みたいのが相方TOSHIの自伝。