居酒屋

昭和レトロ/松戸本町にあるブルージーな「飲み屋横丁」

松戸 名の無い「飲み屋横丁」 横丁… 表通りから横にはいった通り… そんな場所にある「飲み屋横丁」や「のんべえ横丁」と呼ばれる飲み屋街… 狭いスペースに密集した飲み屋トライポ … 松戸にも…ブルージーな飲み屋横丁がある… その横丁にはまだ名は無い… 名のなき修羅… 名の無い横丁…… 野良のんべえ横丁… 仕事で松戸へ行った時の事だった… 本町にあるカレー屋の通りを歩いている時…… 店と店の間に違和感 […]

台東区/貝に溺れる鶯谷にある「焼貝うぐいす」

貝料理専門「焼貝うぐいす」 朝起きて… その日は貝をどーしても食べたかった… 焼き… 蒸し… 刺身… romance… 私は貝になりたい… 朝から晩まで貝の事を考えていた仕事帰り… 鶯谷南口から坂を下り脇に道に入った時… おれはその店と出会った… 看板に記された 焼貝うぐいすの文字… これは… きっと貝なのだろう… 店内に入り… 2階座席へと案内された… 2階から見える外の景色は… まるで海沿いに […]

松戸で朝飲み!24時間営業!のんべえのオアシス「大都会」

松戸にある昼飲み出来る都会のオアシス「大都会」 24時間営業… それは…一日中営業している店…… 40数年前は考えられなかったが… 75年にコンビニの24時間営業が始まり…ファミレス…スーパー…飲食店などに広まっていった… そんな今の世の中、24時間の居酒屋も日本津々浦々に存在する… のんべのオアシス… 24時間営業の居酒屋が近所にあったら… あなたは… あくる日の午前… 早起きをし…免許の更新を […]

1951年創業 著名人が愛した 新宿の居酒屋「どん底」

まるであなぐら…1951年創業 新宿の居酒屋「どん底」 新宿… シティーハンター… 高層ビルが立ち並ぶ現代的な顔と下町スラムまるでゲットーのよう顔が混在する… 歴史と近代のカルチャーが融合した街…新宿 新宿を歩けばあなぐらにあたる… 先日、仕事も終わり新宿の街をふらついていると、枯れた蔓草と古びた赤レンガが目に留まった… どん底… ふかいふかい底…どん底… 惹かれる 表の看板に視線をやる。 昭和2 […]

ギャンブル飯 西川口「やきとり次郎」

西川口にある、やきとり次郎 ギャンブルをやりにレース場へ行く。 ネットがあれば家でも出来る時代… しかしそれじゃー粋じゃない… レース場のある街に訪れ、ギャンブルと共存している街を楽しみ、現場でリアルを感じる… それが俺の中の粋なギャンブルだ… あれは、ふらっと川口オートレース場に森君を見に行った時の事… 西川口の駅で降り、オートレース場へ行く前に街をふらり。 すると駅前に、いい感じの焼鳥屋が… […]

ギャンブル飯・朝飲み/多摩川競艇場前「居酒屋 桑実商店」

多摩川競艇場前「居酒屋 桑実商店」 朝飲み… モーニング…朝から飲む… 昼飲みよりもさらに高貴な行為… 俺達は、そんな朝飲み場を探し求め続けている… 先日、多摩川競艇場へと遊びに行った時の事だった… 競艇場の入口目の前にある一軒のお店… ラーメン…焼きそば…焼き鳥…の文字… 驚くべきは…今は朝の九時ちょい過ぎ…もうやっているのか… 競艇と共に始まり…競艇と共に終わる…共存型の店なのだろうか… 競艇 […]

男の立ち飲み・自販機コーナー型オートスタンド/新橋 ベンダースタンド酔心

新橋 ベンダースタンド酔心 自販機コーナー… それは都会のオアシス… オート それは、自動 スタンド それは立ち飲み。 そんな素敵な空間が世の中には多数存在する。 あれは、新橋で商談がうまくいった日の事。 会社に連絡すると直帰して良いと言われた。 まだ昼過ぎ…思わぬ早いお帰りに、胸を高鳴らせた… 「一杯ひっかけて帰るか…」 「しかしまだ時間が早い…どーするかな…」 俺は、そう呟き、わくわくしながら […]

有楽町ガード下「食安商店」で、あなぐら飲み

有楽町ガード下「食安商店」 穴蔵それは心の落ち着く場所。 穴それは吸い寄せられる場所。 そんな吸い寄せられる洞窟のような立ち飲み場がTOKYOには多数存在する。 人々はまるで都会のオアシスと出会ったかのように吸い寄せられていく。 有楽町ガード下にある「食安商店」もそんな、あなぐら飲みが出来る場所だ。 店は自販機とカウンターテーブルがあるだけの24時間セルフスタイル営業。 そして店内は薄暗くまるで洞 […]