行列

豊島区/噂の行列店 モンゴル人夫婦が営む「北大塚ラーメン」

「北大塚ラーメン」のチャーシュー麺 ラーメン激戦区の東京…豊島区…にあって… 昼間に行列を作り続けていた名店… 現在は夜の営業のみに切り替え… 遅い時間なら割とすんなり入れるが… 店内は満席状態が続く… そんな店が北大塚にある… モンゴル人の夫婦二人で切り盛りする店… 名は北大塚ラーメン… 北大塚にあるラーメン屋だから北大塚ラーメン… ラーメンの原点にして頂点シンプルイズベストの発想… グルメ気取 […]

松戸/五香 営業しているのかわかりずらい噂の有名店「13湯麺」

五香 やっているのかわかりずらい店「13湯麺」 松戸に麺マニア達の間で… 営業しているのかわかりずらいと… ざわつかれている店がある… それは…五香から少し離れた所にある店「13湯麺」… 店主はラーメン店主育成プログラム「らーめん寺子屋」の塾長にして… 「千葉ラーメン四天王」と称された男… いわば…麺の達人… ある日の午後… 仕事で疲れ切っていた体が… ラーメン屋を欲していた… そんな時に… 道路 […]

千葉三大ラーメンの一つ竹岡ラーメン「鈴屋」

竹岡ラーメン「鈴屋」 千葉三大ラーメン… それは… 竹岡式ラーメン… 勝浦タンタンメン… アリランラーメン… 上記三タイプのラーメンが千葉三大ラーメンと呼ばれている… 各タイプ数店舗の店が千葉県内に存在する… 俺は、そんな千葉三大ラーメンを今日も探し彷徨い続けている… ある年のある日… 寒空の中… 俺は、千葉は富津市の海沿いを彷徨っていた… なぜ、俺はこんな所を歩いているのだろう… そう… 全ては […]

市場飯/朝飯 噂の行列店 築地きつねやのホルモン丼

築地きつねやのホルモン丼 朝飯…朝食…ブレックファースト… 朝起きて、最初に食べる食事… 一日の始まりに口にする物だからこそ美味い物を食いたい… 好きな物は最初に食べる派… 今日も美味い朝飯を探し求め続ける… 朝から美味い物と言えば…… 俺は無い頭で考えた… 結果…築地… 外市場をふらふらしていると早朝だと言うのに長蛇の列… これは… ホルモン…牛丼の文字が見える… 朝からヘビーだな… しかし朝だ […]

日暮里「裏サブロン」/ケーキ屋が作るつけ麺

「東池袋大勝軒」を愛したケーキ屋が作るつけ麺 二毛作… 同じ耕地で一年の間に2種類の異なる作物を栽培すること 近年は…飲食店などで昼と夜で形態が変わる二毛作料理店などが多数世の中に存在する… 数年前の事だ。 仕事で日暮里を訪れた時の事… サブロンという一軒のケーキ屋が視界に入った… ケーキか… 得意先の皆様に買って行くか… 俺はケーキを買い店を出た… ケーキ屋の角を曲がり店の裏路地へと行くと… 今 […]

噂の行列店 創業66年以上 築100年以上 掘っ立て小屋のような名店/銚子 犬若食堂 

銚子 犬若食堂 行列… それは…ひとの心弄ぶ 行列の先に何が待っているのか… 夢…希望…絶望… その答えを知りたくて…今日も俺は行列店へと並び続ける… 一年程前、ふらりと銚子へ里帰りした時の事… 外川駅で銚子電鉄を降り、街を散策していた… 昔は無かった謎のモニュメントが駅に出来ていた… 駅前に放置され、潮風でやられまくっている銚電昭和ノスタルジー館と比べると、随分ポップだな… 犬岩でも観に行くか… […]

噂の大行列店!柏 噂の太郎(もつ煮 太郎)

柏 噂乃太郎(もつ煮 太郎) 行列。 それは、その店の人気を表すバロメーター。 人は、行列を見ると並びたくなる衝動に駆られる。 行列の先に、待っている達成感という快楽。 今日も人々は快楽を求め行列に並ぶ。 仕事で野田方面へ車を走らせている時。 いつも行列が視界に入ってくる店がある。 柏にある、噂の太郎という店。 俺は、その光景を毎回眺めている内に、いつしかその行列に並びたい衝動に駆られいた。 そし […]

噂の行列店!流山 初石 手打ちラーメン「長八」

流山 初石 手打ちラーメン「長八」 ラーメン。 それは、行列をなしてまでも食べたくなる日本人の国民食。 中華料理から独立して歩き続けるジャンル。 人々は日々至高のラーメンを求め歩き続ける。 仕事が、午前中で片付き飯を食って帰ろうと歩いていた時の事だった。 1軒の店前が、人で賑わっている。 何だろうと近づく。 其処には長蛇の列。 蕎麦屋っぽい外観だがラーメン屋のようだ。 まだ、昼前なのにこの列… よ […]

和菓子屋?ラーメン屋?一瞬和菓子屋かと思うラーメン屋/流山 ヌードルズ&サルーン キリヤ (The Noodles & Saloon Kiriya)

流山にあるヌードルズ&サルーン キリヤ (The Noodles & Saloon Kiriya) 一年程前になるだろうか… ある晴れた日曜日。 俺は、朝飯を食おうと初石を放浪していた。 俺の胃を、刺激してくれそうな店が、中々見つからず疲弊していた。 空腹と疲れで、頭がボーっとしてきた。 そんな時だった… 一軒の和菓子屋が視界に入った。 和菓子か… 空腹は、限界に達していた… このさい和菓 […]