洞窟

1/3ページ

【台東区】人口洞窟…三ノ輪橋駅へと続く梅沢写真会館のトンネル…

ブルージーな雰囲気…梅沢写真会館その奥には…商店街「ジョイフル三ノ輪」 トンネル… 穴蔵… アナと雪… 男はそれを我慢できない… 嗚呼…俺達の人口洞窟… 南千住から… 都電荒川線… 三ノ輪橋駅へと… 向かうと… そこに… 人工洞窟… 梅沢写真会館がある… 昭和初期に建てられた… ブルージーな建物… 二階へと通じる階段の入口が… 卑猥な口をポッカリとあけ… 人々の心を誘うが… そのすぐ脇にある… 三ノ輪橋駅へと続く… 歴史感じる… 人口洞窟… 一歩入洞すれば… そこはアメージングな… 昭和の世界… […]

19世紀に建造されたJR常磐緩行線の橋脚「流山ガード」

1896年常磐線開業当時からあるレンガの橋脚 ガード下… 高架下… それは…まるで…あなぐら… 穴が好きな男達… それを我慢できない… 薄暗い人工のあなぐら… ある日の午後… 仕事で北小金に訪れた時の事だ… 俺は常磐線沿線を… 歩いていた… すると… ガードが… ぽっかりと口を開けているではないか… しかしこのガード… 近年のボックスカルバートの物と違い… レンガ造り… 歴史を感じる… いい感じの雰囲気… 男はソレを我慢できない… 俺は、ドキドキしながら入洞した… せっせまい… なんて狭さだ… […]

【成田】三里塚記念公園にある皇室用防空壕「三里塚防空壕」

皇室用防空壕「三里塚防空壕」 成田空港の近くにある三里塚記念公園は、1969年8月18日まで宮内庁下総御料牧場として使われておりそこには皇室用防空壕「三里塚防空壕」がある… 現在、保存され一般公開されている… 皇室用の防空壕は、他に皇居の敷地内にもあるが一般公開されていない… 一般公開されている「三里塚防空壕」は数少ない… 三里塚記念公園に着き… 一番奥にある三里塚御料牧場記念館へと向かう… 中に入り… 見学の受付を済ます… 案内係りと… 敷地内にある貴賓館へ… 庭から貴賓館の裏手へ回ると… 防 […]

【茂原】光福寺にある洞窟の中の磨崖仏が…

光福寺の磨崖仏 茂原に洞窟のある寺がある 駅から歩いて20分… ここが洞窟のある寺「光福寺」… 中へ入り本堂へ… 木で出来た謎の魚の置物… 本堂の脇から裏手へ行く… そこに洞窟の入り口のドアがある… 木々が鬱蒼としていて怪しい雰囲気が漂う… しかし… 昔は入れたのだが、今は洞窟内の岩が崩れていて入れない… なので… 入り口の説明書きに貼ってある磨崖仏を見る… これが洞窟の中の磨崖仏… 茂原市指定文化財だが洞窟内を修繕は行われていない… これが茂原クオリティ

富津市竹岡 猿が住み着きし燈籠坂大師/切通しトンネル

富津市竹岡 燈籠坂大師/切通しトンネル トンネル… あなぐら… 洞窟… 穴という穴に入りたいのが男の性… そんな穴を求め今日も彷徨い続ける… 数年前のある日… 富津の海沿いを只管歩いていた… 目の前に見えるトンネル… 高揚感を覚える… 潜りたい… 早くなる足取り… 広がる歩幅… いざトンネルへと思った瞬間だった… トンネルの目の前に謎の白い鳥居のような物… これは… 珍しい… 「弘法大師霊場」「灯篭坂大師」「参道」の文字… 怪しい… 新興宗教感… ゾワゾワを感じる… 好奇心… この先がきになる… […]

生きる廃墟!?筑波山のテーマパーク「ガマ洞窟・ガマランド」

生きる廃墟!?筑波山のテーマパーク「ガマ洞窟・ガマランド」 テーマパーク… 高度経済成長と共に日本各地に出来たレジャー施設やテーマパーク… 時が経ち…金にモノを言わせ作った施設達は続々とこの世から姿を消した… しかしまだ根強く生き残っている猛者達も多数日本各地に存在する… 東京近郊のキラキラしたそれとは、一味も二味も違う夢の国を今日も探し求める… 数年前の夏… 30年ぶりに訪れた筑波山… 俺は、そこであいつと再会した… バスから降りると目の前にそびえ立つガマランド… 小さい時に感じた、あのインパ […]

まるで異世界への入り口…謎の通路「西銀座JRセンター」

新橋/西銀座JRセンター アーケード… 謎の通路 高架下… 東京には、人知れずひっそりと存在する通路が多数存在している… そして口をぽっかりあけて待っている… あれは数年前の事… 仕事で銀座へ行った時の事… 銀座で一仕事終え次は新橋へと向かう… 俺は、とてつもなく急いでいた… その時だった…俺の視界に入りこんで来た「西銀座JRセンター」の文字… そしてよく見ると新橋方面近道とある… まじか…大海で浮木に出会うとはこの事だな… 俺は近道へと駆け寄った… そこには、薄暗い通路が続いていた… マジか… […]

大宮にある謎の地下シャッター街「大門地下道」

大宮にある謎の地下シャッター街「大門地下道」 地下街 それは、男心をくすぐる場所… ジメジメしていて秘密めいて… まるで都会の洞窟… 日本では、初代東京地下鉄道の上野駅に1930年4月1日に、開業した地下鉄ストアが地下街の元祖とされ、その後日本のいたる場所に造られたが、老朽化や再開発など色々な理由から現存している地下街は少ない… しかし地下街の魅力に取りつかれた人々は今もなお地下街を探し求めている… あれは、数年前に仕事で大宮の街を徘徊している時の事だった… ふと視界に入ってきた地下鉄の入り口の […]

遊女の祈願!まるで鳥居の洞窟/松戸 池田弁財天

松戸 池田弁財天 先日、仕事の途中腹が減ったので、松戸市役所へ食堂飯を食べ向かった。 市役所へ向かう途中、建物と建物の間に鳥居が連なっている事に気が付いた。 鳥居の正面へと回る。 奥深くへと続く細長い鳥居のトンネル… 何だか、めちゃくちゃ怪しいな… 俺は、吸いこまれるように鳥居の中へと入っていった。 一歩、鳥居の中へと入ると、其処は薄暗くまるで異世界のようだった。 一体、鳥居の先には何が有るのだろう… 俺は、胸を高鳴らせながら奥へと進んで行った。 鳥居をぬけると、先程までの細い道からは想像出来な […]

その者蒼き衣を纏いて金色の井戸に降りたつべし/竹岡 黄金井戸

竹岡 黄金井戸 竹岡ラーメンなる物を知った俺。 グーグルの画像検索で、竹岡のそれを見る度に胃がそいつを求めた。 気が付くと俺は、列車にゆられ竹岡の大地へ降り立っていた。 その日は、まだ肌寒く俺は、Gジャンを羽織っていた。 下もデニムパンツ。 デニムオンデニムそして青いブーツ… その者蒼き衣を纏いて、ラーメン屋を目指し、竹岡の大地を歩き出した。 海沿いへと出ると強烈な浜風が俺を襲った。 しかし次の瞬間…風がやんだ。 風がない…くっ耳が痛い… 大気が怒りに満ちてやがる… 俺は、辺りを見回した。 洞窟 […]

1 3