2018年3月

1/3ページ

松戸新田 昭和レトロなテーブル筐体のある喫茶店「潤」

松戸新田にある昭和レトロなテーブルゲーム機のある喫茶店「潤」 テーブル筐体のある喫茶店… 何故か通常の喫茶店の10倍魅力的に感じる… 何故なんだ…何故テーブル筐体のある喫茶店は、あんなにも心がワクワクするのだろう… 俺は、今日も答え探して街を放浪するのだった… 松戸新田の知人宅で宅のみをした翌朝… 帰り道、駅へと向かい歩いていると… 一軒の古びた喫茶店が視界に入る… 腹減ったな… 時計を見る10時 […]

北松戸にひっそりと鎮座する金精様

北松戸にひっそりと鎮座する金精様 金精様とは… 男根の形をした御神体を祀った神の一柱… 生殖器崇拝と言われ古来より人々は、ヒトの男女の生殖器をかたどった象徴的造形物に、多産、豊穣などをもたらす呪術的な力をみとめ信仰、崇拝している。 そしてそれは、日本津々浦々にひっそりと存在している… 仕事で歩き回り疲弊し、少し休もうと休息場所を探していると… 住宅街の中にポツンとお堂があった… お堂の入り口には鳥 […]

北松戸 巨大な築山の上から眠れる魂を慰める観音様

北松戸 巨大な築山の上から眠れる魂を見守る観音様 築山とは、人工的に作った山。 仕事に追われ北松戸の住宅街を走り回っていた時の事… 何やら怪しい物体が視界に入りこむ… なっなんだ…あれ… 気になり近づいてみる… 築山…? 上にいるのは観音様…? 何故…こんな住宅街に… 正面へと回り込む… 築山の横にはお墓が… どうやらお墓に眠る魂を慰める為に造れらた観音様のようだ… それにしても… これは… 山の […]

松戸の常盤平にある巨大な首大仏

松戸の常盤平にある巨大な首大仏 大きいモノに人々は、昔から魅了される。 大きければ大きいほど、偉大さ、神々しさを感じる。 日本各地に巨大な観音、巨大な大仏が鎮座している。 松戸の常盤平にも巨大な大仏様がいた… 俺は、仕事に翻弄され松戸の街を走り回っていた… すると、ある物体が目に入り体中に落雷が流れ体硬直し足を止めた… いやこの謎の物体の神々しさに、足を止めずにはいられなかったと言った方が良いだろ […]

船橋某所の住宅地に突如現れた巨大なリプトンレモンティーの缶

船橋某所の住宅地に突如現れた巨大なリプトンレモンティーの缶 巨大化 何故か人々を魅了してならない行為… 人々は何故か物を巨大化する… いったい誰が何の為に作っていのかは解らない… 俺は、仕事で船橋の住宅街を走り回っていた… しかし俺は、ある物を発見し凍りつき足を止めた。 いや…自然と足が止まったと言った方が正しいだろう… 俺は、その非現実的な物体に、目を奪われてしまったのだ… そう…この巨大なリプ […]

年に一度の御開帳!取手のさざえ堂 長禅寺三世堂

取手のさざえ堂 長禅寺三世堂 さざえ堂… それは…江戸時代後期の東北~関東地方に見られた特異な建築様式の仏堂 現存するさざえ堂は、近年に造られた物も合わせ全国に有名な物が8箇所程度しかない…まがい物や知られてない物も、あわせるともう少しあるとかないとか… その内、江戸時代に作られ現存している物は4カ所しかない。 その内の一つが取手にあり、年に一度4月18日に中へ入る事が出来る。 今年も御開帳するよ […]

柏の16号沿いにある謎のモアイ像

柏の16号沿いにある謎のモアイ像 モアイ像とは… チリ領イースター島にある人面を模した石造彫刻… いったい誰が何の為に造ったのだろうか…未だ解明されていない… 謎多きこの像は、人々を魅了し世界中の到る所に存在する… ある晴れた日… 日課のランニングをしている時の事… 16号沿いを走っていた… 適度な運動が脳を刺激し、エンドルフィンが分泌し俺は高揚としていた。 そして、視界に彼らが入り込んで来たのだ […]

珍しい真っ赤な達磨がひっそりと鎮座する寺/松戸市「幸谷観音」

松戸市「幸谷観音」 達磨 それは…中国禅宗の開祖とされているインド人仏教僧 群馬や京都や北海道に伊豆などには、有名な達磨の寺や巨大達磨が… そして日本津々浦々にも達磨は存在する… 松戸の大地にも真っ赤な達磨がひっそりと鎮座していた… ある晴れた日… 仕事で新松戸へ出向いた時の事… いつもは通らない一本奥の道… 気になり行ってみる事に… すると其処には一軒のお寺が… 一見なんの変哲もない寺… しかし […]

噂の行列店 創業66年以上 築100年以上 掘っ立て小屋のような名店/銚子 犬若食堂 

銚子 犬若食堂 行列… それは…ひとの心弄ぶ 行列の先に何が待っているのか… 夢…希望…絶望… その答えを知りたくて…今日も俺は行列店へと並び続ける… 一年程前、ふらりと銚子へ里帰りした時の事… 外川駅で銚子電鉄を降り、街を散策していた… 昔は無かった謎のモニュメントが駅に出来ていた… 駅前に放置され、潮風でやられまくっている銚電昭和ノスタルジー館と比べると、随分ポップだな… 犬岩でも観に行くか… […]

ダチョウ肉のハンバーガーと刺身/石岡 ダチョウ王国

石岡ダチョウ王国 古来より人類は、狩猟民族として肉を喰らい生きてきた。 マンモスの肉、アザラシ、熊、犬、猫…などなど… 肉を喰らう欲求は人類のDNAに組み込まれている… 数年前家族で、茨城県石岡にあるダチョウ王国へ出かけた時の事だった… たくさんのダチョウと触れ合えるダチョウ王国。 ダチョウの餌を買い 所定の場所へ行き ダチョウ達に餌を与え触れ合う。 ダチョウ達を可愛がり愛着もわく… 息子が餌をあ […]

1 3