取手市

生殖器崇拝/取手にある長福寺にひっそりと鎮座する男の神様

取手にある長福寺にひっそりと鎮座する金精様 金精様… それは、男根の形をした御神体を祀った神の一柱… 生殖器崇拝と言われ古来より人々は、ヒトの男女の生殖器をかたどった象徴的造形物に、多産、豊穣などをもたらす呪術的な力をみとめ信仰、崇拝している。 そしてそれは、色々なよぼれ方で日本津々浦々にひっそりと存在している… 性神… 金精様… 歓喜天 金魔羅様 金精様(金勢様) 金丸様 陰陽石 瘡神 お祠様 […]

取手/運航100年以上!大正時代からの交通機関 「小堀の渡し」

取手にある小堀の渡しで川を渡る 渡し… 川や海を渡過すること,または渡過する場所… その昔…人々の足として頻繁に使われていた渡し舟… 時代は流れ…減少傾向にある渡し… しかし…日本津々浦々にまだ渡しは現存する… ある日の午後… 俺は仕事で取手の川沿いにいた… リバーサイド… そこに… 小堀の渡し… 船着場と書かれた看板を見つけた… 看板の先… 壮大な野原… 渡し… ほんとうにあるのか… 野原を彷徨 […]

年に一度の御開帳!取手のさざえ堂 長禅寺三世堂

取手のさざえ堂 長禅寺三世堂 さざえ堂… それは…江戸時代後期の東北~関東地方に見られた特異な建築様式の仏堂 現存するさざえ堂は、近年に造られた物も合わせ全国に有名な物が8箇所程度しかない…まがい物や知られてない物も、あわせるともう少しあるとかないとか… その内、江戸時代に作られ現存している物は4カ所しかない。 その内の一つが取手にあり、年に一度4月18日に中へ入る事が出来る。 今年も御開帳するよ […]