取手市

【取手】桔梗塚にある男根の石塔…

取手の桔梗塚 稲戸井駅にある… 平将門の愛妾である桔梗姫の墓「桔梗塚」… 桔梗姫を慰める為の石塔が男根の形をしている… 桔梗姫は将門が討たれた後、ここまで落ち延びたが、追手につかまり最期を遂げたという説や… 桔梗姫が7人いる将門の影武者の中で、どれが本物か見分ける方法を「こめかみが動く」と敵に教えてしまいそれにより将門はこめかみを射抜かれて死んだ。その後、藤原秀郷は口塞ぎのために桔梗姫を殺した説など諸説あるが… その恨みにより、この地方の桔梗は花が咲かないとも言われている… 桔梗塚は、駅から徒歩 […]

【取手】ハンバーガー屋「ビックスマイル」

ハンバーガー屋「ビックスマイル」 全国津々浦々にある個人経営のハンバーガー屋… チェーン店以外のバーガー… 野良バーガー… 男はそれを我慢出来ない… 稲戸井駅から2キロ程離れてた場所にバーガー愛に溢れた店がある… それがハンバーガー屋「ビックスマイル」… アメリカンな外観… メニュー… 店内もアメリカンな空間… 壁には客の写真が沢山貼ってある… バイカーに人気がある為… バイクで訪れれてる人の写真が多い… バイカー=バーガー愛… 注文をしたら… HGな黒ひげ危機一髪で時間を潰して待つ… 缶のコー […]

【取手】昭和レトロ…いなたい200円焼きそば…「山口屋」

嗚呼…俺達の焼きそば…「山口屋」 焼きそば屋… 焼きそば一本で勝負する店… 俺達のドリームランド… 焼きそば屋… 取手駅近くの国道6号から脇に入った小道に… 俺達の焼きそば屋はある… その佇まいは無骨そのもの… 飾りっ気のない暖簾が哀愁を漂わせる… ワールドイズマイン… 四畳半程の店内… コンクリうちっぱの床… メニューは… 焼きそばのみ… 一番安い物で… 200円… 無骨の極み… 淡く差し込み日差しの先には無骨丸出しの洗面台… 注文すると… ガラス窓の奥にある小さな鉄板で一人前づつ作り出す… […]

【取手】取手赤線地帯周辺にある旧取手宿本陣染野家住宅

取手赤線地帯周辺にある旧取手宿本陣染野家住宅 本陣は参勤交代などの旅の途中に大名が宿泊する宿の事… 本陣跡は全国に沢山あるが… 建築物が残っている状態の場所は全国23カ所… その内公開している場所は18カ所しかない… 取手本陣は染野家の当主が貞享 4 年(1687)に水戸徳川家から本陣に指定されたと伝えられている… 本陣に指定されるのは宿屋ではなく、宿役人の問屋や村役人の名主などの居宅が指定されることが多く指定されると、一般の人の宿泊は許されなかった… 長禅寺から利根川沿いの道に出ると… 歴史を […]

【取手】生殖器崇拝/旧法海寺の朽ち果てた金精神

取手の旧法海寺 取手の旧法海寺に朽ち果てた金精様が祀られている… 旧法海寺は現在駒場町会集会所になっている… 寝釈迦様と書かれているが現在は別の場所に保管されている… 奥へと進んで行くと… 寝釈迦堂がある… 寝釈迦堂の中には現在何も置かれていない… お堂も汚れておりあまり管理は行き届いていないようだ… 境内にはいくつか祠があるが… どれも薄汚れており… 手入れがされず朽ち果てている… また石仏もたくさんあるが… ブヨの大群が発生しており近づきずらい… 数個ある他らの一つに賽銭箱がある… この中に […]

【取手】竜禅寺前の森に祀られた金精神

取手の竜禅寺前の森に鎮座する金精様 取手の竜禅寺… 目の前の森の中に… 金精神が祀られている… 竜禅寺… 道を挟みに… 目の前は森… 目を凝らし… 森を覗くと… 金精神が祀られている… こんな所にある為、竜禅寺で管理してると思われがちだが… 地域住民の手によって管理されている… この辺りは、生殖器崇拝が根付いているようだ…

【取手】生殖器崇拝/神明神社にある男根の石仏

取手の神明神社にある男根の石仏 取手の神明神社に男根の石仏がある… 稲戸井駅から歩く事15分… 大きな樹が見えてくる… ここが神明神社… 鳥居をくぐり抜け… 奥へと行くと… 石仏が沢山祀られている… その中に… 男根の石仏はある… 大きな樹の下に… 男根のある街… 取手…

生殖器崇拝/取手にある長福寺にひっそりと鎮座する男の神様

取手にある長福寺にひっそりと鎮座する金精様 金精様… それは、男根の形をした御神体を祀った神の一柱… 生殖器崇拝と言われ古来より人々は、ヒトの男女の生殖器をかたどった象徴的造形物に、多産、豊穣などをもたらす呪術的な力をみとめ信仰、崇拝している。 そしてそれは、色々なよぼれ方で日本津々浦々にひっそりと存在している… 性神… 金精様… 歓喜天 金魔羅様 金精様(金勢様) 金丸様 陰陽石 瘡神 お祠様 さいのかみ 穴場様 穴婆様 とんび岩 そんな石仏に出会いもとめ彷徨い続ける… ある晴れた日の午後… […]

取手/運航100年以上!大正時代からの交通機関 「小堀の渡し」

取手にある小堀の渡しで川を渡る 渡し… 川や海を渡過すること,または渡過する場所… その昔…人々の足として頻繁に使われていた渡し舟… 時代は流れ…減少傾向にある渡し… しかし…日本津々浦々にまだ渡しは現存する… ある日の午後… 俺は仕事で取手の川沿いにいた… リバーサイド… そこに… 小堀の渡し… 船着場と書かれた看板を見つけた… 看板の先… 壮大な野原… 渡し… ほんとうにあるのか… 野原を彷徨っていると… 再び… 看板… その視線の先に船着き場… 待合所… 時刻表を確認… おっ意外に直ぐ来そ […]

年に一度の御開帳!取手のさざえ堂 長禅寺三世堂

取手のさざえ堂 長禅寺三世堂 さざえ堂… それは…江戸時代後期の東北~関東地方に見られた特異な建築様式の仏堂 現存するさざえ堂は、近年に造られた物も合わせ全国に有名な物が8箇所程度しかない…まがい物や知られてない物も、あわせるともう少しあるとかないとか… その内、江戸時代に作られ現存している物は4カ所しかない。 その内の一つが取手にあり、年に一度4月18日に中へ入る事が出来る。 今年も御開帳するようなので、去年中へ入った時の記録を公開… 俺は上野で飲みすぎていた… 終電で乗り過ごし気が付くと取手 […]