噂の現場!秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

噂の現場!秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

秋葉原の有名店 牛丼屋「サンボ」

秋葉原に牛丼の美味い店がある。

しかし、その店は牛丼の美味さ以上に…

一見さん殺しのマイルールが有名な店…

有名なのが、オーダーは食券機で食券を買いお茶が出てくるタイミングで渡す、携帯電話の使用禁止、ウォークマン禁止、私語厳禁、などなど…

ルールを破ると即退席。

厳しいルールを乗り越えた者のみが牛丼にありつける。

そして黙って黙々と牛丼を食べる。

そんな噂の現場…
秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

あれは、数年前、夏の暑い日…

秋葉原で買い物を済ませた俺は、飯を食おうと店を探していた。

視界に入ってきた黄色店。

秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

足を止める。

メニューを見つめる…

噂の牛丼屋…

この店が、ヤバいって噂は昔から小耳に挟んでいた。

店の前を通るのも初めてじゃない…

しかし、噂の所為もあって、今までこの店を避けていた…

店前に立っている店員が、不審そうに俺を見つめている…

ここで、このまま立ち去ったら二度と、この店に入れない気がした…

逃げるな俺…

「時は来た…それだけだ…」

俺は、意を決して店内へと入った…
秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

食券を買い席に着く…

食券を渡すタイミングを待つ…

ミスが許されない…緊張で喉が渇く…

お茶が来た…

食券を渡す…

受け取る店員…

セーフ…

第一段階はクリア…

俺は、お茶を飲み気を落ち着けた。

心に余裕が出てきた。

店内を見渡す。

携帯をいじる人多数…あれ噂と違うじゃん…

俺もそっと携帯をポケットから取り出した…

しかし次の瞬間…
秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

「携帯電話での通話お断りします」と書かれた貼り紙に気が付く…

あっぶね…

やはり携帯は、あまりいじらない方がよさそうだな…

携帯をポケットに仕舞おうとした瞬間だった。

背後に人影…

振り向くと、店員の女性。

ヤバい…怒られる…俺は身構えた。

「はーい牛丼おまち~」

秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

凄く感じ良く牛丼を差し出された…

拍子抜けとは、まさにこの事だな…

調理室からも「いらっしゃいませ!」と感じの良い声が聞こえてくる…

どうやら噂は、尾ひれがつき誇張されていたようだな…

昔は、厳しかったのかもしれないが、今はマイルドなようだ。

秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

俺は、胸を撫で下ろした。

気持ちが牛丼へと集中していくのがわかる。

牛丼を七味と紅ショウガで彩った。
秋葉原の老舗牛丼屋「サンボ」

肉と米を、口いっぱいに頬張る。

玉葱と肉と米の甘味とタレの味が、弾けて混ざった…

美味い…くっそ美味い…

牛丼のお椀がパワーボールと化し満月に見える…

心が大猿になる…

俺は、黙々と牛丼を胃へと放り込んで行く。

口に残った牛丼の余韻を楽しみつつ、味噌汁を胃へと流し込む。

そして思った…

私語が厳禁なんじゃない…

この牛丼の美味さの前に、人々は言葉を忘れ黙々と食べているのだと…