車両基地の上に浮かぶ浮遊都市!人工地盤の上に、そびえ立つ「都営西台アパート」

車両基地の上に浮かぶ浮遊都市!人工地盤の上に、そびえ立つ「都営西台アパート」

都営西台アパート

人工地盤…

鉄骨や鉄筋コンクリートなどの架構材料によって造られる人工の基盤…別名人口土地…

浮遊都市…

ラピュタ…都市伝説…中に浮く都市…

リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール…

あれは、先日仕事で西台駅で降りた時の事…

改札を出てすぐ左横に建てられている巨大都営アパート…

下の方が空洞になっている事が、ふと気になった…

階段を上りフェンス越しに覗いてみると…

なんと線路が…

しかも電車が沢山停まっているでは無いか…

さらには、アパートの下にも線路が敷き詰めれている…

どうなっているんだ…

俺の好奇心はマックスだった…

仕事を忘れ…俺は階段を駆け上がった…

階段の一番上に辿り着き下を覗く…

其処には、また線路が何本も敷かれていた…

そして、その上にそびえ立つアパート…

まるで浮遊都市だな…

目の前にある坂道からのが、より良く見えそうだな…

俺は、坂道へと移動した。

坂道を上っていると、何やら番号が見えてきた…

14レーン…という事か…

フェンス越しに、線路が敷かれている方を覗く

ぽっかりと穴をあける無数の穴蔵…

レーン番号

線路…

奥の方にうっすらと見える車両…

これは…もしや車両基地か…

アパートの下に車両基地が出来たのか…

車両基地の上にアパートが出来たのか…

卵か先か、鶏が先か…

良くわからないが、まるで宙に浮いたようそびえ立つアパート…

その景色は、日常を忘れさせる異世界のようにただただ美しい…

この建築物に、すっかり心奪われた俺は、もう少しアパートを散策してみる事にした。

敷地は、かなり広い。

脇からフェンス越しに下をみる。

其処にも車両基地が広がっていた。

大量のポスト

庭園

食料品や日用品売り場

保育園…

何でもあるなここ…

団地から出なくてもある程度生活できる…

もはや都市だな…車両基地の上に浮かぶ浮遊都市…

さらに奥へと行くと、車が出入りできる跨線橋があった…

俺は、跨線橋のその長さに驚いた…

何という長さ…脱走不可能の監獄みたいだな…

浮遊都市であり、アルカトラズ…孤独の島…

なんてイカス場所なんだ…

その先に、巨大な駐車場

駐車場からアパートを見上げる。

大きなアパートだな…沢山の家族が、この独立した都市で暮らしているのか…

感慨深いな…

この地で、多感な思春期を送りたかったな…

センチメンタルな気分に浸り…

俺の中の好奇心も、満たされた所で、アパートを後にする事にした…

庭園の脇から駅へと直通の通路を発見した。

ここの住人専用の通路…イカスな…

ここから下界へと出る事にした。

出ると途中フェンス越しに外を覗いた。

完全に下界と隔離されている事が、ここからも伝わってきた。

ここの住民以外からすれば、禁裏の空間…

閉ざされた空間か…

神秘的だな…

さぁ仕事しなくては…