秩父市

【秩父】嗚呼…俺達の花街…花街跡が未だ残る旧下平通り…

秩父…花街時代の名残を感じられる旧下平通り… 花街… それは 花柳とも呼ばれ… 芸者屋…遊女屋が集まっている地域… そこは… 男達のオアシス… その昔日本の津々浦々に存在したが… 1957年に売春防止法が施行され衰退し消えっていった… そんな花街の跡地が秩父にあり… 当時の面影を今も感じられる… 秩父には… 花街跡だけでは無く… 明治…大正時代…昭和初期に建てられた建築物が未だ多く残っている… 駅前から路地裏へと進んで行くと… 令和から… 平成… 昭和… 大正… 明治へと… タイムスリップしてい […]

昭和へタイムスリップ…モダンでレトロな秩父 御花畑駅周辺の街並み

秩父の荒廃した街並み… 秩父… 御花畑駅周辺… そこは… 令和にあって… 令和じゃない場所… 人々を… 昭和の世界へと誘う… 秩父駅を降り… 御花畑駅へと向かう… まずは… 無用看板のトマソンの洗礼… 男達の期待を高める… 御花畑駅前の通りへと到着… カクテルパブ… JOY… ここが昭和への入口… この荒廃した感じ… 嫌じゃない… この光景に次第に… 気持ちが… 令和から切り離されていく… 向かいのタクシー乗り場の看板…   少し先にある… タバコ屋… 古い町並み… 細い路地をぬけると […]

【秩父】無用看板のトマソン…

無用看板のトマソン… 無用な物に感じる… 哀愁… 美しさ… ああ… トマソン… 人は小さなトマソンを皆心に飼っている… 秩父駅を降りて直ぐの所に潜むトマソン… おわかりいただけただろうか… そう… たばこと記された看板の下には… 何も無い… 何も無い… 無用… anymore… 何も…  

巨大・秩父/温泉宿に宿りし不動明王/「秩父開運不動尊」

夢枕に立たれた不動明王に、示され霊泉の湧く温泉宿 コンクリート像… それは… 読んで字の如く… コンクリートで作られた像… 昭和のカウンターカルチャーの一つであり… オリジナリティ高く…その荒々しい造りは、唯一無二の物が多い… そんな心揺さぶられるコンクリート像が日本津々浦々にある… ある晴れた日の午後… 俺は、仕事で秩父にいた… 昼飯を食べ街をぶらぶらとしていると… 視界に入りこんだ不動の湯の文字… 銭湯か?温泉か? ああ…くそ… 何だかひとっ風呂浴びたくなってきたな…… 風呂に誘われるがまま […]