団地

【船橋市】秘められし商店街…浜町商店街

ららぽーと裏にある浜町商店街… 団地… それは3丁目の夕日… オールデイズ… 昭和の足跡… 南船橋… ららぽーと裏に… 秘められし… 昭和の商店街が残っている… 入り口は… いなたい… 酒屋の目の前に… 架かる一本の橋… 港町の風景を楽しみながら… 橋を渡る… 橋を渡り切り… 高架下へと向かう… 高架下の謎のオブジェを堪能し… 高架下を通り抜けると… まるで… 隠されたように… 商店街が姿を現す… 対に建てられた団地の下に… 商店が続く… エモーショナルな風景… 本町交通を皮切りに… 色々な店舗 […]

【船橋市】給水塔の巨大壁画と若松団地商店街…

クロード・ライールが書いた巨大壁画と昭和感じる商店街… 巨大な壁画… 大きいは正義… ギャラリー達を圧倒し… 刺激する… 団地… そこには商店街がつきもの… 訪れる者達をエモーショナルにする… そんな二つが混合した昭和遺産が南船橋に存在する… 南船橋を降りると… 視界に入り込む景色… 奥には高級そうな高層マンションが建ち並び… 手前には古くからあるカラフルな団地群… まるでメキシコやブラジルの町並みのようだ… 駅を降り… 団地側へと出ると… 巨大なバベルの塔… いや給水塔がある… 表からは分から […]

【北区】桐ケ丘一丁目の夕日と団地とラーメンと…「栄華」

桐ケ丘中央商店街にある町中華… 町中華… 嗚呼…町中華… 町の中華屋… 一街一個… 町中華… 東京は… 北区にある… 桐ケ丘中央商店街… ここには… 外側のエリアに… 大吉と… 栄華… 2つの… 中華屋がある… 西の大吉… 東の栄華… 町中華を見つけたら… 保全活動の為… 必ず立ち寄るのが俺達のルール… この日は大吉が休みだったので… 栄華で…ディナー… 店内に入り… メニューに目を通して注文 相撲を見ながら… ノンアルで一息… コロナ時代… アフターコロナが生んだ… ニュースタイル… もやしが […]

【北区】桐ケ丘が生んだ昭和遺産…「桐ケ丘中央商店街」

異国情緒溢れる桐ケ丘中央商店街 結局… いつだって… 欲しいものは… 東京にある… 東京へ行けばすぐに手に入る懐古… 嗚呼東京… 俺達の街TOKYO… 憧れへの… 羞恥心と嫉妬で… ひた隠し… 地方へと足を進めている昨今… 結局のところ… 都内に来るとテンションが上がる… 大成フーズにて焼き鳥を買い… 目的地へ… たどり着いたのは… 古き良き… 団地商店街… 桐ケ丘中央商店街… 空洞を設け作られた商店街の入り口… 異世界へと誘い込む… アーチの奥に見える桃源郷… 食虫植物に誘われる虫のように… […]

【取手】昭和の景色…平屋建テラスハウス…「西方住宅」

取手の平屋群…西方住宅 昭和の… 都営や市営住宅に多く見られた平屋建テラスハウス… 築年数が… どんどん古くなり… 淘汰されていく昨今… 未だに現役で残っている場所が… 日本津々浦々に現存する… そこは… 令和から… 平成… そして 昭和へと タイムスリップしたような場所にある… いなてぇ酒屋のその先に… 突如現る… 平屋群… テラス使い上級者達の集い… それが平屋群… 生憎の… 壁の補修工事で… エモい写真は撮れなかったが… まだまだ取り壊さず… 現役で生き抜いていけるようだ… 今年中には工事 […]

【取手】あの頃の今…低層団地 「大利根団地」話題のテラハ

昭和レトロなテラスハウス「大利根団地」 令和…平成…昭和…平成…令和… あらゆる時代を生き抜き続ける建築物… あの頃見た景色の今… 個性の無い現代… それっぽい物が乱立し… 勘違いする昨今… 猿真似ノンオリジナル建築が放つ拙劣なご意見… その場所…まるで我が物顔… 押しつけの正義感…他者への批判… ダサい感性… その構図… その姿… まるでデジャブ… なんだか嫌になる…な… いや笑う… そんな建築物が乱立する現代において… 非日常を感じれる…個性的な物件が… 日本津々浦々に存在する… 誘われるよ […]

【取手】昭和の香り漂う井野ショッピングセンター

井野団地とアートヴィレッジと時々ショッピング 嗚呼俺達の団地… 夕焼け… ショッピングセンター… 取手にある… 巨大な団地… 井野団地… 一歩中へと足を踏み入れると… 懐古… 懐古の… 懐古厨… 果てしなく広い… この団地には… 例のあれがある… そう… ショッピングセンターだ… 井野ショッピングセンターと書かれたイカした看板… その殆どはシャッターのようだが… 今だ現役の… 3丁目の夕日的なロケーション… アーチをくぐり抜ければ… 気分はもう… あの頃… 夕焼けの詩を口ずさみながら… 商店街を […]

【松戸】団地と竪穴式住居がある『松戸市立博物館』

団地と竪穴式住居がある『松戸市立博物館』 松戸市立博物館には… 昭和の団地が実寸大で再現されている… 21世の森の向かいにある… 松戸市立博物館… 入り口で観覧料300円を払い2階へと向かう… スロープを歩いていると… 「カーン…カーン…」というBGMが鳴り響く… 恐怖… ホール内… 奥へと行くと… 明治、大正、昭和初期の松戸について… 交通機関の発達や、当時の松戸駅の風景など映像を使って紹介している… そして… その奥に… 昭和30年代を再現した常盤平団地の実寸大のレプリカがある… バイク… […]