立ち食いそば「弥生軒」のから揚げ単品というシュールな食い物。

立ち食いそば「弥生軒」のから揚げ単品というシュールな食い物。

我孫子駅構内にある立ち食いそば屋「弥生軒」

からあげ。

それは男達の浪漫。

ちびっこの一番好きなオカズ不動の一位(オレ調べ)。

そこに唐揚げあるのに食べない人間など存在しない。

唐揚げの前には全ての事が無力だ。

かの有名な哲学者の言葉「すべての人間は生まれながらにして唐揚げを欲す」とは世の理。

ある日の事、俺は唐揚げが食べたくて旅をしていた。

我孫子 駅構内 立ち食いそば屋 弥生軒 からあげ

ふらっと我孫子駅で、ホームへと降りると、濃厚な唐揚げの匂いが鼻の奥を刺激た。

匂いの先には、1軒の立ち食いそば屋があった。

我孫子 駅構内 立ち食いそば屋 弥生軒 からあげ

匂いに誘われて店内に入ると、美味そうな唐揚げ蕎麦の写真。

巨大な唐揚げが2つ…蕎麦を埋め尽くしてやがる…

この誇り高き唐揚げのビジュアルは胃を刺激する。

食わずにはいられない。

食欲が胃の奥から押しあがってくる。

我孫子 駅構内 立ち食いそば屋 弥生軒 からあげ

いざ食券を!

唐揚げ蕎麦540円!

とその時だった…あっやべ俺550円しか持ってねーぞ…

ここでこれを食っちまったら地元に戻れない…

どーする食ったら地獄…いやあの唐揚げが食えるなら天国か…

ええいままよ…地獄の片道切符へレッツゴー!

と食券を買う瞬間だった。

唐揚げ単品140円の文字が視界に映り込む!

もしや唐揚げだけ買えるのか…!?

これなら地元にも帰れるぞ。

俺は、唐揚げ単品の食券を購入し恐る恐る店員のオバちゃんへ渡した。

我孫子 駅構内 立ち食いそば屋 弥生軒 からあげ

次の瞬間、俺は驚愕した。

「唐揚げ単品お待ち〜」の声と共に目の前に置かれたのは、丼の中で汁に浸った唐揚げだった。

これが、唐揚げ単品か…なんとシュールで神々しい唐揚げなのだ。

これぞ王様の食べ物。

俺は、震える手で唐揚げを箸で持ち上げ口の中へ放り込んだ。

溢れ出す肉汁と衣が吸い込んだ汁と衣の油のハーモニー。

口の中で肉汁と油と汁の旨味がぶつかり合い弾けて混ざった。

「うまい…」

俺は、あまりの美味さに感動し自然と涙があふれ出してきた。

これで140円…コスパ良すぎ…神。

気がつくと俺は、もう一個唐揚げを頼んでいた。

まだギリ帰れそうだ。